wimaxの使いがっての良さ!
wimaxを一度、使い始めると、その利便性の良さに納得せざるを得ません。
会社から支給されるモバイルルーターは、データ制限があることから、
使い方には注意を払うのですが、
wimaxの場合はほとんど意識することがありません。

特に思うのは、しばらくの間単身赴任をしていた時のことでした。
この時は一時的な仮住まいでしたので、インターネット回線は固定のものを使わず、wifiルーターを考えていました。

しかし、個人でもネット関係の仕事もしているために、かなりのデータ量を必要としています。

どうしても通信スピードが速くて、データ制限に関係のないレベルのものを探していました。
そのようなことから、選択肢として出てきたのが、wiwaxだったのです。

休日の日には仮住まいの部屋で仕事をするのですが、
wimaxルーターをオーダーしてから、
翌日には機器が送られてきてすぐに使えるようになりました。

固定回線を引くと日数がかかってしまうのですが、
翌日にネットが使えたことは、とても助かりました。

休みにかなりネットを使うことから、
wimaxは気兼ねなく使えたことが良かったと思っています。

また、離れた家族とも常にskypeをつなぎっぱなしでしたので、データ制限はネックになってしまいます。
そのようなことから、wimaxはプライベートタイムには。必要不可欠だったのです。

また、家の中ですっと仕事をしていると、気分転換も必要で、近くのカフェに行くこともありましたが、
この時もwimaxのルーターを持って行き、店内でも使えたのが良かったです。

このような便利の良いアイテムが月額4,000円弱で使えたことは私個人の小遣いの中でもやりくりができたので、
助かっていました。
単身赴任が解けて、家族のもとに戻ることが出来ましたが、
今でも個人的なインターアイテムとして手放すことができません。

wimaxを使っての良い点と残念な点

単身赴任期間中にインターネット回線を用意しようと思い使い始めたのがwimaxでした。
普段から自宅では光回線を使っていましたし、会社の仕事以外でも個人的なネットビジネスで、インターネットは必要でした。
しかし、単身赴任が決まって悩んだのが、固定回線にするかモバイルにするかということでした。
色々と調べた結果、wimaxだと月々3,980円のレベルでデータ無制限の利用が可能だったので、契約することにしました。
固定回線の敷設とは異なり、ルーターをオーダーしてから、すぐに住まいに送られてきたので、すぐに使えるかと思っていました。
早速、電気を入れて使ってみようとしたのですが、何と電波が届かなかったのです。
単身赴任先の住まいは、wimaxのエリアだったのですが、家の中では、アンテナの旗が1本だけしか立ちません。
窓際に持って行くと、問題なく電波が届くのでした。
そういったことから、家の中で使うためには、常にwimaxのルーターを窓の近く置いて使うようにしたのです。
慣れでくると、それも全く気にせずに使えるようになっていました。
それでも、wimaxの良さはたくさんあります。
4,000円弱の金額で、使い放題ということや通信スピードが結構あることです。
窓際まで持ってくると、4~5Mbps程度は、キープできていましたし、休みの日に外の街カフェだと8Mbpsくらいは出ていたのです。
この程度のスピードだと、軽い動画程度であれば、問題なく視聴できましたし、ノートパソコンんでネットビジネスをする時も便利でした。
単身赴任期間中は、インターネットライフを楽しむのに、wimaxは欠かすことのできない存在だったと思います。
モバイルとしても使えますし、とても使い勝手のよいネットのガジェットの1つです。
場所によっては、電波の届き具合が良くない場合があるのが残念な点ですが、
それでも使い放題と料金の安さは魅力的です。

wimax比較する際に注目すべきポイントとは?

ネットがこれだけ普及している世の中なので、いつでもどこでもネットにアクセスできるようにしたいと言う人が増えています。
さて、そんな人たちにとって便利なものがwimax(ワイマックス)です。
このワイマックスとは何でしょうか。
それは高速モバイルルーターのことです。ワイマックスを持っていると対応エリア内であれば、どこにいてもネットにアクセスすることができます。
さて、そんなワイマックスですが様々な会社が参入しています。
では、wimax比較する上でどのような点に注目することができるのでしょうか。
まず最初に注目したいのは価格です。
各社顧客を獲得しようとして様々なサービスや価格プランを提案しています。
それによって、単純に比較するのが難しくなっているのが現状です。
携帯電話と同じようにワイマックスでもプランがたくさんありますので、価格の比較がしにくいという側面があります。
さらに、価格を比較する際に注意したいのはキャッシュバックです。
多くの会社がキャッシュバックのサービスを導入しています。
例えば、ほとんどの会社は2年契約が一般的です。
そして2年契約の1年目が終わるころにキャッシュバックできるようにしています。
価格比較サイトなどではキャッシュバックの割引が込みでの月額料金で比較していますが、業者によってはキャッシュバックのための手続きがちょっと複雑なところもあります。
それで、価格を比較する際には同時にキャッシュバックを利用するためには何が必要か、簡単にできるか、というところまで確認してから検討するべきです。
場合によっては、キャッシュバックの手続きが複雑で、うまくできなかったという人もいます。
そうなると、キャッシュバックがもともとない業者のプランのほうが結果的に安かったということになってしまうのです。