AuからUq mobileへの転向で経済負担減
今までAuのスマホを使っていましたが、料金が高いということから格安SIMのUq mobile へと変更しました。
Auで使用していたスマホがそのまま使えるということもあり最初にかかる費用を安く抑えることが出来ました。
今までAuのスマホでは月々7000円ほどの支払いでしたがUqではデータ通信無制限プランの通話ありにして代金が約3000円になりました。

Uq mobile
毎月4000円も安くなりました。

最初のうちは、通話品質やデータ通信の速度などをものすごく気にしていましたが、

はっきりというと「AuとUq mobileの違いはなに」というくらい変化がわかりません。
通信速度については、高速通信プランにすればサクサクと高速通信を使えますが、私の場合は無制限プラン(速度制限付き)にしているので速度は若干遅いです。
通話についてですが全く変化はありません。
やはり大きな違いとなると、サービス面なのかもしれません。大手通信会社の場合はお客様の問い合わせ窓口としてショップと電話での対応を行っていますが格安SIMの会社の場合は電話での対応というのがメインになってきます。
初期設定のやり方がわからなかったためお客様センターへと問い合わせを行いました。
電話だけでの対応ということもあり、かなり待たされてしまいましたがきちんと丁寧に説明してくれて無事設定が終わりました。
何か困ったことが発生した際に、電話での対応だけで自分で理解して解決していける人ならいいのですが、高齢者の方や機械に弱い人の場合は自分ですべて設定するとなるとパニックになってしまったりと大変な部分があるかもしれません。
そう言った意味ではショップなどのある大手通信会社のほうがサービス面では強いのかもしれません。

唯一使用していて不安だったのが災害時の利用でした。
今までは緊急災害情報などが送られてきていましたが、格安SIMではどうなのかとものすごく不安でした。
実際に台風が上陸した時に、災害情報が今まで通り受信されており通話もできていたため安心しました。
災害時でも使えるということが分かれば後は文句や不安もないので安心して使っていけると感じました。
格安SIMを使う前に気を付けてほしいのが、電波の種類です。田舎や山間部などのほうに行くと4Gが入らない地域が多いです。
一部のスマホなどであれば3G電波となり通信も可能ですが、Uq Mobileは通信ができず圏外になります。
これはAuで言うとAu volteの電波と同じだからです。
街中などでの使用では全く問題なく使えるのですが田舎や山間部などへ行って頻繁に使われる方などへはあまりお勧めできませんし、契約される前に確認する必要があると思います。