スマートフォンは健康増進や英語力アップ等が望める利用価値の高いツール
ガラケーからスマートフォンに切り替えて便利に感じたことは沢山ありますが、
その中でもとりわけ役に立っているのが、加速度センサーと動画とアラーム機能です。
それらは利用価値がとても高く、今や生活の質を高めてくれる手放すことができない
ツールになっています。具体的には下記に述べる用途で日々の生活を助けてくれています。

1. 加速度センサーで健康管理
加速度センサーはナビ機能などで主に使われることが多いスマホ機能の1つですが、歩数計
としても機能します。
スマホは常に持ち歩くものなので、自然と加速度センサーが動作し、それを利用して自分が
何歩歩いたのかを自動的に記録してくれます。また、歩数に併せて消費カロリーを表示して
くれるアプリもあります。特に運動不足になりがちな社会人にとって、「今日は何カロリー
消費できたか」といった情報はとても貴重で、健康管理の1つのバロメーターとして活用
することができます。

2. 動画を利用して英語力アップ
音楽や映画を鑑賞して楽しむ使い方ももちろんお勧めできますが、いつでも停止/再生ができる
ことを利用して語学学習のツールとしても大いに活用できます。特にインターネットは英語圏
から生まれたため、必然的に英語の文章や音声が沢山流れています。特別に語学教材を購入する
必要はなく、米国や英国のニュースサイトの文章や動画を隙間時間に閲覧することで、教材とは
異なったリアルな英語そのものに慣れることが出来ます。辞書アプリも沢山ありますし、英語力
をアップするにはとても役に立ちます。

3. アラーム機能はプライベート執事
目覚まし機能だけでなく、リマインダー機能を活用することで、やるべきことを失念することが
ほぼ無くなります。たいていの主要なメモ帳アプリであれば、メモを作成してそれに日時を設定
することができます。そうすると、設定した日時になれば音やバイブが発生し、メモ内容が表示
されます。それはあたかもプライベートな執事のようで、役に立つスマートフォンの代名詞的な
機能になるでしょう。

スマフォは小さなパソコンです

スマフォは小さなパソコンです。これだけのガジェットに機能が満載です。とても便利で重宝しています。

今まではガラケーと i-Pod の両方を持っていて、別々の使い方をしていました。ガラケーはメールのチェック位でしたが、使っているスマフォは i-Pod の機能も入っていますので、ネットでニュース等を閲覧しながら音楽を聴いています。

一々操作を何回も繰り返さなくても1つの機器で出来るので場所も取らずに便利です。音楽だけでは無くてカメラ機能も付いていて、旅行等に行った時にはデジカメが無くても撮影も簡単に出来ますし、スマフォ1つで今まで何個も持たなくてはいけなかった物が1つに凝縮されますので、凄く進化を感じます。

ガラケーはネットは出来なかったので通話とメールのチェックくらいでした。ガラケーはワープロでスマフォはパソコンです。1つの機能しか付いていないワープロから多機能に使えるパソコンなので便利で重宝しています。

好きな時にオンデマンドでニュースも視聴出来ますし、新聞も見られます。流石にパソコンみたいに作業までは画面が小さくてやりづらいのでやりませんが(笑)。

又、映画も観られるアプリも有ります。電子書籍も読めます。映画も電子書籍もクラウドで他のデバイスとも同期が出来るので、スマフォで途中まで読んでいたのを帰ってからタブレットで読み始めると言うのも可能です。

全てに置いて使えるガジェットです。滅多に使ってはいませんが地図機能やGPS機能も付いていて場所も特定出来るし、パソコンとの連携も出来ます。

ありとあらゆる情報はこのスマフォで得る事が出来ます。何か有った時にはスマフォが有れば困る事は無いです。最初にスマフォが出た時にはこれだけ流行るとは思わなかったですが、今や無くてはならない便利なガジェットです(笑顔)

スマートフォンの凄さは使わないと分からない

スマートフォンの凄さは使ってみないと分からないと思います。
私は使う前には、別に必要ないだろうと思っていましたが、今では手放せずにいつもスマートフォンを弄っている状態です。
電車の中でも、みんなスマートフォンを弄っていますよね。
スマートフォンを持っていない人には、ちょっと異様な光景に見えるでしょうが、使ってみると理由が分かるはずです。

スマートフォンの凄さはいろいろありますが、まずコレ一台で出来る事が沢山あるということではないでしょうか。
電話やメール、インターネット、写真などは普通のガラケーでも付いていました。
しかしスマートフォンはこれだけではありません。
ビデオ、テレビビデオ、音楽プレイヤー、電卓、ストロボを利用した懐中電灯、SNS、スケジュール帳、カレンダー、マップなど、あげれば切りがありません。
これらは殆ど標準のアプリとしてインストールされていますが、アプリストアを利用して、様々な種類のアプリをインストールして、新たな機能として利用できるようになっています。

メール、ネットブラウズなどはパソコンより、スマートフォンから利用する人が増えてきています。
これはパソコンは使うたびに立ち上げる方が殆どだと思いますが、スマートフォンを常に電源が入っているので、ほしい情報があればすぐ検索して探す事が可能です。

またクラウド技術の発展に伴い、オンラインストレージを利用して、スマートフォンとパソコンをシームレスにファイルを共有する事も可能です。
このおかげで通勤時間などにも仕事ができたりします。

またゲーム界もスマートフォンを利用したゲームがヒットしています。
スマートフォンの登場により、いらなくなった電化製品も出て来ています。
少しさ びしい気もしますが、スマートフォンはこれからも様々な物を飲み込みながら進化して行くと思います。

通勤電車の中で、スマートフォンを覗いている方、数多く見るようになりましたよね。

スマートフォンを使ってメールをしたりSNSをチェックしたりゲームをしたり、、、

通勤電車のお供としての地位を確固たるものにしています。

ところでメールをするにしてもSNSをチェックしてもゲームをしても「パケット代」がかかります。

そして、大抵キャリアから提供されているパケット代定額プランに入っていると思います。

でもこれ大体月5,000円とかするものなのです。

ところが。
最近、格安データ通信SIMというものが出回っています。

これは、月1,000円以下でデータ通信を行うことができるサービスなのです。

速度は150kbpsとか200kbpsとか、むちゃくちゃ速い、というわけではないのですが、

メールをしたりSNSをチェックしたりする分には十分なスペックなのです。

例えば、SIMを挿入するルーターを準備して(大体10,000円くらいで手に入ると思います)、

そこにSIMカードを挿せば格安なルーターを使った通信ができてしまうのです。

こうするとスマートフォンのみならず、タブレットやゲーム機も接続できますよ。

こうすると、パケット代定額プランの中でも、最低金額が決まっているもの(たとえば1,000円もしないプランとか)に変えてあげれば、

3,000円くらいはパケット代を浮かせることができるんじゃないでしょうか。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

スマートフォンの汎用性の高さによる利便性とそれに伴う機種毎の差別化

スマートフォン(以下SPと記述)の一番の特徴は汎用性です。
これまでの携帯電話(=フィーチャーフォン。以下FPと記述)は使用できるアプリが機種によって決まっており、それがそれぞれの機種の大きな特徴になっていました。SPでは機種毎にプリインされているアプリ(購入時点で既にインストールされているアプリ)もありますが、アプリをダウンロード&インストールすることで携帯の使い勝手を自分で変えることができる点で大きな利便性があります。
SPは現時点ではiOSとAndroidで2極化しています。つまり、全てのSPでOSが2つしか存在していないということです。かつてのFPではOSもキャリアが独自開発してましたので、キャリア間で同じアプリを使用することなどあり得ませんでしたが、SPではキャリア間で同じアプリを使用可能となったため、情報(データ)を共有することができるようになり、SNSをこれほど早く広める要因になったと思われます。

勿論、ディスプレイの大きさや解像度、メモリの大きさやCPUの速度などもそれぞれの機種を特徴付ける要因になっていると思います。
特に、ディスレイの肥大化と解像度の向上はユーザに大きなインパクトと新しい価値観を与えたと思います。FPでは「携帯で動画を見る」というニーズはあったものの、ユーザのニーズを満足させるパフォーマンスを発揮できていませんでしたが、SPでは携帯で動画を見るのは当たり前になりました。これには背景として通信インフラのブロードバンド化(高速化)もありますが、ユーザが携帯で動作を見るという習慣ができたことにより、広告媒体が動画となり、他人との情報共有媒体もテキストや画像から動画となりました。

SPは現在も色んな機種が発売されていますが、上記の通り機種毎の差別化は外観(特にディスプレイの大きさ)でしかできなくなっており、メーカも他機種との差別化が困難になっていると思われます。。実際、店頭ではユーザの大半はディスプレイの大きさを基準に選択していると思います。
iOSもAndroidもアメリカの企業が開発したものです。SPをあっという間に普及させたSPの汎用的という利便性が、今日の日本のメーカを追い詰めています。

スマートフォンがどれだけ役に立つか考える

現在街中を歩くと、若い人からお年寄りまで、スマートフォンを利用している人を多く見るようになりました。
スマートフォンにまったく縁がない、もしくは興味がわかずにまだ昔ながらの携帯電話を利用している人もいるでしょう。
昔ながらの携帯電話が悪いわけではありません。
電話機能、メール機能は完備していますし、連絡ツールとしては完成しているともいえます。

しかし、スマートフォンはその2つの機能を完備した上に、より多くの機能を利用できて普段の生活を豊かにしてくれるものなのです。

先程も書きましたが、電話とメールに関してはもちろんできます。
携帯電話との差は、まずタッチパネル搭載というところです。
携帯電話のように番号が並んだ小さなボタンなどはありません。画面に映しだされているボタンを指先で触れていくだけで様々な操作が可能ですし、電話やメールをする時もこのボタンを使います。
より直感的な操作が可能なので、慣れてしまえば携帯電話のボタンが面倒くさいものになるでしょう。

最大の魅力というのが、パソコンのような機能も有している点です。
画面が大きいのでインターネットも自由自在に扱えて利用できますし、動画や音楽なども楽しむことができます。
ちょっとした調べ物があった場合はネットを活用できたり、暇つぶしがしたい場合は動画や音楽などでいくらでも時間を潰せます。

さらに「アプリケーション」、通称「アプリ」という存在です。
様々なジャンルのゲームはもちろん、音楽用のアプリや交通案内用アプリ、天気情報用アプリなど、利用者にとってそれぞれが必要な情報や遊びが詰まったアプリを取捨選択して自分だけの便利なスマートフォンにしていくことができます。

スマートフォンは遊びという点でも、ビジネスや学業という点でも様々な恩恵をもたらしてくれる存在なのです。