格安SIMのススメiPhone使える楽天モバイル

楽天モバイル格安SIMのススメiPhoneも使える楽天モバイル
iPhoneを使える格安sim事業者がほとんどですので、もちろん楽天モバイルでもiPhoneを使用することが可能です。
しかし全てのiPhoneが使えるわけではないことには注意しましょう。
特に前まで使っていたiPhoneをそのまま使用したいとお考えの場合や中古でオークションや電気屋で購入したiPhoneを使われる際には注意が必要です。
まず一番使いやすいのはSIMフリーのiPhoneを使用する場合です。
SIMカードのロックがかかっていないiPhoneは日本国内であってもアップルの公式通販から簡単に入手ができます。
かつては海外から個人輸入するしかSIMカードのロックのかかっていないiPhoneを手に入れる方法はありませんでしたが、今は個人ですぐに入手できるようにハードルは格段に下がりました。
これは中古のiPhoneを買っても同じですね。
ただ公式にはiPhone5S以降の機種しか対応していないと楽天モバイルのサイトには記載されています。
iOSのアップデートによって使えなくなる可能性もあるのでできるだけ対応リストにある比較的新しい機種を利用するようにした方が安心です。
次に一般的なのがdocomoのiPhoneを利用する場合です。
楽天モバイルはdocomoの通信網を利用している事業者です。
そのため、SIMカードのロックがdocomo向けの仕様でかかっていたとしても利用ができるのです。
中古のiPhone相場で見てもそのメリットからソフトバンクやauの中古のiPhoneよりも高めの値段設定で取引されているのはそれが理由ですね。
もちろんこれまでdocomoと契約して使ってきたiPhoneであっても同様に使えますのでご安心ください。
ただし最新のiPhone7以降のシリーズでなければデザリングが使えないので、どうしてもデザリングが必要であればSIMロックフリーの端末を買い直すか、docomoでロック解除の手続きをしなくてはなりません。
ロック解除については後に説明します。
ソフトバンクやauのiPhoneであれば中古で入手したり、これまで使っていたものをそのまま利用しようとしてもそのままでは使えません。
前述したSIMカードのロックがかかっているためで、ソフトバンクやauの回線向けのロックがかけられているためです。
これを解除するには各キャリアの公式ショップへ持ち込むほかはありません。
非公式に改造を受け付けている業者もありますがこれらは保証がきかなくなるリスクもありますので避けましょう。
ロック解除はキャリアから購入してから六ヶ月後、しかも2015年に発売された機種以降でしか対応されていません。
iPhoneで言えば6S以降しか対応していないので、それ以前の機種のソフトバンクやauの端末は使いようがないということですね。
なお中古で購入した場合はキャリアによって対応が違い、auは中古でも販売から六ヶ月経過後ならばロック解除してくれます。
ソフトバンクやdocomoはその対応をしていませんので注意です。
SIMロックの対応が必要となったり、通信できてもデザリングができないなど、制限がかかることも多いので、多少端末代がかさんでもSIMカードがロックされていない物を入手することがおすすめです。
安く抑えたいならばdocomoの中古端末を利用することを考えましょう。
楽天モバイルの魅力は通話は従量制ながら月に10GBまでの通信で基本料金が三千円を切る安さにあります。
これを用いれば月々の固定費がぐっと安く抑えられますし、SIMフリーのiPhoneならば、海外に行ったときに現地の通信事業者と一時的に契約をして、ローミングで使用するより遥かに安く使えるメリットもあります。
月々の固定費が高くてお困りの家庭の方ならば合わせて場合には寄りますが年に十万円単位の節約にもなるのでぜひ検討をしてみる価値はあると思います。