携帯電話の料金…長期契約者の引き下げは・今後の競争は

格安のスマホにのりかえる人が急増 5/10

今、新規参入企業による格安のスマホに乗り換える人が急増中らしいですね
携帯電話料金の安く賢い利用法についての番組みたいですね
NHKおはよう日本 格安のスマホにのりかえる人が急増 5/10
2016年5月10日7:00~NHK 放送紹介
スマートフォン携帯電話料金が高すぎる?
上手く携帯代料金を下げたい人は多いと思いますが・・・
家電量販店では格安スマホのコーナーを拡大しているとか!
売り場拡大の狙いは?
携帯電話会社の見直しで基本料金を下げれると注目が集まっているようだ
従来と比較してなぜ安いのか?
格安スマホで利用されているsimカード・・・・ICチップ
大手携帯会社はこのsimカードと携帯スマホのセット販売している
この通信サービスのみを提供する事業者が増えている

この通信サービスのみを割安料金で提供の会社が増加
割安な理由は、大手通信会社の回線を借りてサービスを提供する営業しているため
通信インフラへの設備投資を自ら行う必要がないためにコストを抑えることができる

スマートフォンのsimカードを格安で販売する企業の参入が相次いでいます

格安simカードの販売により様々なサービスが選べるようになります

家電量販店で大手流通会社が販売する安さの秘密は中に入っているsimカードだ

ショッピングセンター内で今年2月からsimカードの販売 通信の契約手続きを始めている

なんといても大きな特徴は割安な料金です

音声の通話ができる通話だと毎月の支払いが1180円からと大きく記載されています

この料金なら大江携帯電話会社の25%の携帯電話料金なるほどの安さです

購入する人は、安いっていう事を知ったので、それなら・・・という事で購入を検討している様子

全国各地に商業施設がある流通グループの強みがある

200を超える店舗で手続きが可能になっています

この大手流通系会社の運営する格安スマホの販売店舗は
既に店舗があるところへの出店だから投資コストが抑えれれ
その分投資を抑えた分をお客様に還元していこうと店舗を出店している様子

他の例では
女性のiPhoneユーザーを集めたイベントを開き
今使っているお気に入りの携帯電話の端末をそのまま使った状態で、通信契約を切り替えられると説明・・・
そこでiPhoneはそのままで契約を変えると月額1310円でそのまま電話もできるとアプローチ・・・

ココではsimカードを入れ替えるだけで月額5000円以上安くなるとアピール

国内の利用者の半数を占めるiPhone利用者を取り込む狙いのようだ

階上にいる女性たちは

iPhoneで使えるsimっていうのが驚きのようだ

なかには、流されるままに大手のキャリア【通信会社】を買ってしまっていたので
安きなるのであれば契約を変えることも検討したいとの事

利用者は通信会社へのこだわりはなくiPhoneを使いたいだけのことであり
iPhoneで使えることを知らない方も多いのでもっとアピールしたいとの事だ

通話が多い人は
携帯会社の乗り換えは慎重にする必要がある!
通話が多い格安電話simのプランはさほど多くないので慎重に選ぶ必要がある

その一方で
通話をあまりせずネットなどのデータ通信が多い方にとっては
格安simへの乗り換えによって料金が安きなるメリットがありそうです

特に新規参入の
通信業者はデータ通信の料金を抑えるプランに力を入れているので
自分の利用量に合わせたプランを検討してみる余地がある

格安simカードを見直す注意点としては
大手の事業者と比べて契約手続き等を自分で行う必要があったり
アフターサービスが限られているケースが多いようです

今後大手が台頭してくることが考えられ
新規事業者の競争が激化すると
サービスが低下するのではないかとの懸念が指摘されています

割安なサービスを利用するのが有効なのかどうか?

まずは自分の携帯電話の使い方を十分に把握したうえで検討する必要がありそうだとの事でした                                                                                                                 

格安スマホ販売が急伸NHKニュース3/9

格安スマホ販売が急伸のタイトルで
NHKニュース3/9 午後7時のニュースで放送されたました。

格安スマホ販売が急伸 携帯業界で今なに・・・
スマートフォンの市場に大きな変化が起きている!
大手通信会社のスマホ販売台数は、今年1月に大きく伸びたが
2月は大きく落ち込んでいる・・・
スマートフォンの販売台数が前年同月比で減少した理由は?
実質0円
多額のキャッシュバックを行う販売方法が1月一日で終了した為!

一方で格安スマホ販売は2月で50%以上の伸びであった!

格安スマホ 市場シェア拡大

背景に販売強化がある
スマートフォンの市場で注目されているのが格安スマホ
今や定額で5分以内の通話がかけ放題になる月額850円のプランも出ている!
it大手の楽天が今年1月に発表した通話定額プランだ
楽天⇒このプランと毎月の通信料が5ギガまでのプラント組み合わせた料金は月額3000円だ

このプランは大手3社の同じ内容のプラント比較すれば60%近く安いくなる計算になる!

街ゆく人の意見は?

重視するのは料金とつながりやすさです
使えればいいかなって・・・

なるべくお金がかからないほうが良いですね・・・

楽天の話によると
お客さんの層は確実に変わってきている
ITに詳しい方から20~30代の若い方や女性 家族
という層に確実に変わってきているという

格安スマホの販売台数ってどうなの?

格安スマホの先月(2月)の販売台数は
スマホ市場に占める比率が17.8%と過去最高の販売比率に!

理由1
販売を強化する動きの広がり!

これまで格安スマホの販売は、主にインターネットで販売されてきたが・・・
最近は家電量販店などで売り場を拡充する動きが広がり
店頭で購入や契約手続きを行えるようになっている

独自の料金体系で利用者獲得を・・・

さらに独自で料金体系を打ち出す動きも!

新サービス
freetel sim
メッセンジャ―アプリ
データ通信料0円サービス
LINEWeChatなどのデータ通信料が0円に!

LINEのデータ通信料 無料になる独自のサービスを打ち出す!

フリーテルのブランドで展開するベンチャー企業
プラスワン・マーケティングによると・・
気楽にメッセージできるところにチャンスがある
スマートフォンやSIMカード広がるのは!

インターネット接続サービスのソネットは
0sim
毎月500mb未満まで無料で使える高速通信サービスだ
ソネットは、今年1月に
通信料の利用0.5ギガ未満の場合
月額料金0円の通信専用プランを導入した

格安スマホ事業者

全国に展開する大手通信3社と比べ
サポート体制が十分でないなどの課題もある

大手3社

若者向けに通信料を上乗せキャンペーンや
シニア向けにサポート体制を強化
などで販売台数の減少を食い止めようと懸命!

今後の市場の見通し

専門家によると
今までスマートフォンにかかっていたお金が
高すぎるという見方がかなり大きくなっている

大きな割引で販売することを自粛しろ!という形になっているので
販売台数かなり減る傾向にはなる

大手3社は販売台数を広げるテコ入れをすることになる、とのことでした。

テレビニュースの紹介です
詳しくはテレビ番組をご覧ください!