2016年5月28日(土) 22時00分~22時50分 NHKBS1 番組紹介です

経済フロントライン 格安スマホが急拡大!安さ?端末?あなたは 大人向けの市場
特集で利用者急拡大の格安スマホ市場では競争が激化!
格安スマホ利用者が急拡大です。各社のアピールは通信料の安さや高品質の端末など
スマホ市場の最前線特集

スマホ参入事業者は210社越のスマホ事業者
キャリア大手三社が独占してきたスマホ市場の行方は?

携帯電話代が高すぎ
今までなぜなかったのか?の声もある格安スマホ市場

楽天モバイル
イオンモバイル
LINEも参入表明している

スマートフォン選びに役立つ最新情報

格安スマホとは、大手キャリア通信会社の回線を借りて割安なプランを提供する
simカードを提供、スマホ携帯電話本体を提供などしている


大手通信会社
月額6200円
5分かけ放題
データ通信(3ギガ)

格安スマホA社
月額2450円
5分かけ放題
データ通信(3ギガ)

TONEトーンモバイル

まず
ビデオレンタル会社のTSUTAYAのスマホ TONEトーンモバイルの紹介だ
基本料金1000円(通話料は別)
ターゲットは子供 高齢者
購入者の決め手は
子供向けサービス【子供の居場所確認ができる】の充実
アプリの利用時間帯など親が細かく設定できる
歩きながらスマホするとロックかかる機能など
子供だから通話少なくキャリアより30%程ほど料金削減
顧客半数以上はスマホ初めて
理由はサポート体制充実
①購入時にTONE置くだけサポートという⇒接続できないトラブル解決ボックスが付属【上に置くだけで自動解決の例も】
②スマホ遠隔操作サービスによる問題解決
子供安全にフル機能利用可能
高齢者サポート体制充実

FREETEL(フリーテル)

プラスワン・マーケティング株式会社 (Plus One Marketing Ltd.) の
FREETEL(フリーテル)|高速通信SIMカード
FREETELは業界初の「2年縛り無し」のMVNO
アピールポイントは、デザイン性と品質
アルミ製・薄い 軽い
大手最新機種より2万円ほど安い
月額2990円~(端末代込み 60分の無料通話込み)
顧客がスマホに詳しいネット販売であったが、
既存大手キャリアの隣で同じ様な買い方ができる店頭販売に力を入れている

格安スマホ急拡大の背景

格安スマホ事業者が大手キャリア3社に続く第4の柱に育ってほしい意向がある

格安スマホ事業者は、大手通信会社から回線を借りて運営する
使用料が5~6年前との比較で10分の1の水準まで劇的に下がっている
その背景には総務省が新規参入事業者を促すためにガイドラインを作ったり法律を改正して後押しして来た

格安スマホこんなことも
・通信速度遅くなる
・キャリアメールが使えない
・電話かけ放題メニューがない