simフリースマホ|simフリー端末おすすめ!mvnoおすすめ

simフリースマホが脚光を浴びていますね♪

キャリア契約の必要ないsimフリーの安さと便利さが浸透し

simフリースマホと格安simの選択肢が人気になっています

simフリー端末おすすめのsimフリースマホでsimフリーを利用する方法です

simフリースマホのおすすめも多くmvnoおすすめも多く見れます

実際simフリースマホの価格は実売価格15000もあれば十分手に入ります

今までのようにキャリア契約2年縛りで毎月のスマホ代金と高額な通話料が無くなるのですから

魅力が多すぎと言っても過言ではありません!

simフリースマホランキング

simフリー端末おすすめ!mvnoおすすめ

スマートフォン格安simスマホの価格が劇的に下がりる格安simフリーカードmvnoスマホ!

格安simスマホ|simフリーカードmvnoランキング

高額な携帯電話代を下げる最適な方法は格安simの利用が一番人気!

simフリースマホ端末おすすめ格安価格購入ランキング

毎月の携帯電話代が驚くほど下がる格安スマホや格安simの比較サイトです!

支払いが格安の格安スマホ比較で携帯電話代を下げないと損!

格安simならsimフリーでらくらく乗り換えも可能です!

格安simスマホ|simフリーカードmvnoランキング

simフリースマホ端末おすすめ|simスマホ格安価格購入ランキング!

simフリー

simフリーはMVNOの格安SIMを使う キャリア通信契約なしでOK 格安SIMと言われるように料金が安いので毎月の携帯代金支払額が劇的に下がるので人気! simロックがかかっていたのでキャリア携帯電話機は他社simカードが利用できないようにロックされていました simフリーのスマホ端末ならキャリヤ契約がなくても格安SIMカードを自由に選べるので安くなる

simフリー スマホ

simフリースマホが使える格安SIM選びは格安SIMフリーとsimフリー端末ならOK!容量やスペック・カメラ画質など好みで選択すればいい。基準は今使っているキャリア携帯の料金内訳を参考に!高すぎる携帯料金がいくら下がるか?楽しみです

simフリースマホで、月々の通信費を削減

スマートフォンは今までは3大キャリアと呼ばれる大手通信業者との契約により利用できる通信機器でしたが、近年ではキャリアと契約せずに格安simと呼ばれるsimカードをスマホに挿入して利用できるようになりました。

格安simとは、各プロバイダから提供される通信サービスのためのsimカードで、各プロバイダがdocomoやauの通信網を借り受ける形で提供されているサービスです。

docomo回線を利用した格安simはdocomo端末、au回線を利用した格安simはau端末に対応しており、simフリー端末と呼ばれる端末はdocomoとauどちらの回線の格安simも利用可能です。

格安simを利用するメリットとしては、通常のキャリアと契約する場合に比べて非常にコストパフォーマンスが良い点が挙げられます。

一般的にスマホをキャリアで契約した場合、一か月に7000円程度はかかりますが、格安simを挿した格安スマホの場合、1000円程度で利用することが可能です。 データ通信専用にした場合月々の維持費は1000円を下回り、通話機能をプラスしても1か月2000円以下で利用可能です。

格安simを利用した格安スマホの場合、端末は自分で用意する必要がありますが、現在利用しているスマホがdocomoかauの場合は、その端末をそのまま利用できる可能性が高いです。手持ちの端末が無い場合は、simフリースマホがおすすめです。

キャリアで契約するスマホと比較すると、キャリアメールが使えないという弱点はありますが、フリーメールで代用できますし、月々5000円程度利用料が安くなりますので、メリットが上回るといえます。

最近ではキャリアのサービスと遜色ないサービスがプロバイダ各社から提供されており、以前はなかった通話の割引サービスも続々展開されていますので、スマホ代を節約したい方にはsimフリースマホと格安simを利用したサービスをお勧めします。

simフリースマホで通信費を節約

スマホは通話だけでなく調べ物をしたり音楽を聴いたりカーナビとしても利用できるなど、一台で様々な使い方ができる

スマホは一般的にはドコモやau、ソフトバンクで新品購入されています

ところが様々な割引を適用しても月々の利用料は軽く5000円を超え、本体の価格を上乗せすると更に高額の支払いとなるので、家計を圧迫し小遣いが減ってしまうのが悩みですね・・・

月々のスマホ代を節約するには、格安simを利用した格安スマホを使う方法がおすすめです。

格安simとは、インターネットプロバイダーから提供される通信サービス用のカードで、それをスマホに挿入して簡単な設定をするだけで、格安スマホとして利用できます。

3大キャリアとの大きな違いは、本体や通信になにかトラブルが生じた際にキャリアの窓口で対応してもらえない点

キャリアから提供されるメールアドレスが無いことです。

格安スマホでも新品購入の場合は1年保証がついていたり、電気店独自の保証延長サービスをつかうことで利用1年を過ぎてからも保証を受けることが可能です。 又、プロバイダーからは格安スマホ本体も販売されているので、プロバイダーから購入すれば月々数百円支払うことで故障の際に格安で修理交換してもらえるサービスもあります。

現在使用しているキャリアのスマホがdocomoかauの場合は、たいていの機種で格安スマホ化することが可能です。 現在利用しているキャリアのサービスを解約し、任意のプロバイダーでデータ通信または通話機能付きデータ通信用simを契約します。

初期契約手数料は多くの場合3000円程度ですが、amazonなどで購入すると数百円で手続きをすることができるため、初期費用を節約することができます。

プロバイダーからsimカードが届いたら、スマホに挿入して設定を行います。

設定の仕方は機種によっても異なりますので、プロバイダーの指示に従って設定を行います。

多くの場合10分もあれば設定は完了し、すぐにインターネットを使えるようになります。

格安スマホはキャリアのスマホと比べると月々の利用料金はおよそ3割程度に抑えることができます。

キャリアのスマホのように無料通話分はありませんので、通話アプリを使ったり、通話が安くなるアプリを入れることでコストを削減することができ大変合理的です。

simフリー 端末

価格が安い格安SIMフリー端末が出そろいました!基本料金や端末費用・通信速度などスペック端末内容・人気ランキングで契約期間に縛られない期間限定キャンペーンをうまく利用しましょう。スマホセット購入ならもっとお得なプランを利用できます!

simフリー android

androidのsimフリーなら豊富なプランから選び放題です

simフリー iphone

iphoneのsimフリーが人気

simフリー おすすめ

例えばマイネオmineoならドコモやAUの端末に対応でそのまま安くなる可能性が高いんです。電話番号もそのままデーター容量の無駄を省いて簡単プラン変更できる!

simスマホ 格安

おすすめランキングで人気の格安SIMスマホなら、楽天モバイルやMINEO・BIGLOBE・DDMモバイルなどたくさんあります。ガラケーから乗換えで格安スマホに満足の仲間入りしましょう!

格安スマホおすすめランキングでお気に入りの格安スマホ最新機種も見つけてください!

格安スマホが激安プラン!Mvnoの格安simや大手家電の格安simカード・格安simカードの格安simから格安スマホ比較を見てsim契約ってこんなに安いの?ってそんな思いでsimスマホのsimフリー格安スマホ比較 を見ている方が多いのですが・・・格安携帯のsim契約と音声通話付きプランやデータ専用データsimプランとか通話simがsimおすすめと言われても全く意味不明で最低利用期間の不安や契約解除料が気になってsim比較でsim安いmvnosimで格安sim通話出来るって言われて余計にsimフリーとsimカードが理解できなくなります。本当にsim格安のsim価格が格安スマホsimフリーなら今すぐsim契約出来るネットで申し込みますが・・・格安スマホやシムっていったい何なの?

格安スマホ

格安スマホが今人気ランキングで話題になっていますね

もともと格安スマホはイオンスマホが売り出したころから人気が急拡大しています

大手スーパーイオンが大々的に売りどす力の凄さの格安スマホ、阿部政権も後押ししました。その内容はキャリア携帯電話、ドコモやAU・ソフトバンクの携帯電話が高すぎることから端を発しています

今の格安スマホは群雄割拠を通り過ぎ種類や参入企業が多すぎて選ぶだけでも疲れるのが現実です!

さらに価格の安いのは格安スマホだけでなく、大手キャリアも価格を下げてきています

ただしよく注意をしないと本当に安いの?って首をかしげるようなプランもよく検討すれば見つかりそうな気配でさらに混乱に拍車をかけているのですね・・・ 今一番需要なことは、格安スマホに乗り換えて毎月の携帯電話代を下げることです

当サイトはスマホ代を安くする選び方を第一に編集しているので、携帯代が安くなる格安スマホを選ぶことができるはずです!

simカード

simカードの種類は?
通常SIMとmicroSIM・anoSIMがあるので大きさには注意が必要です。

通常SIMは25mm×15mm

microSIMは15mm×12mm

nanoSIMは12.3mm×8.8mmとかなり小さくなっています

simカードには電話番号などの情報が記録されているICカードです

携帯電話やスマートフォンなどの各機種に適合したsimカードでないとセットできません

格安SIM

MVNOが提供する月額利用料金がドコモやAU・ソフトバンクなどキャリア携帯電話より安い1000円未満の月額料金でも使用できるsimカードなどです MVNOの利用代金が安い理由は不要な機能を省いていることにあります

したがって携帯電話を毎日24時間超バリバリに利用しているヘビーユーザーの場合は大手のキャリア携帯電話を利用したほうがはるかに安い場合もあるので、自分の利用形態に適したsimカードを選択する必要があります

また月に1回程度チリンとだけスマホ利用するタイプの方なら、MVNOの格安SIMカードなら月額1000円以下で利用できるタイプの格安SIMもあるので、今までのように毎月の携帯代が6000~7000円も支払う必要がないのでかなりお得になります

MVNOの大きなメリットの一つに契約2年間縛りがほぼなくなった事です

契約期間の縛りはMVNO各社異なりますが、解約違約金をはじめ、解約ペナルティーは、大手キャリア会社と比較にならないほど緩くなっています

そしてMVNOの弱点はキャリアメールが使えない事です

もっとも大手キャリア携帯会社の格安SIM系にはキャリアメールを使えるsimカードもありますが、基本的にはMVNOとキャリアとは会社が異なるので、キャリアメールは利用できません

通常MVNOスマホ端末は、Gメールが世界基準になっているので、googleのgメールに切り替えたほうが将来的にははるかに有利です

格安SIMカードの弱点は通話に弱い、というかシッカリ調べて使わないと通話料金が定額制でないために携帯通話を頻繁にする方は、通話料金設定を十分に調べてから購入する必要があります

もっともLINEで通話される20~30代のユーザーなら格安SIMをうまく使いこなせるので、何ら問題はないようです

simカードの主な使い方は3種類+1のタイプがある

従来タイプ⇒格安SIMを使わないで従来のスマホやカラケをそのまま利用する

sim変更タイプ⇒通話セットタイプの格安SIMに乗り換える【番号そのままMNP契約】

ガラケそのままで+格安データーsim利用タイプ⇒通話簡単ガラケそのまま利用して、格安SIMデータータイプ ネット専用スマホ購入

タブレットやルーター利用タイプ⇒通信専用simカードだけ購入し格安タブレットやルーター利用で回線をうまく利用する

simフリー携帯とは

simフリースマホのメリットは、格安simが使えるということです。

この辺をよくわからない、理解していない方が多いと思うので、順に説明したいと思います。

 まず、現在のauなどの携帯会社の通話料金は、高い、です。

 毎月一万なんて当たり前、二万いく日も少なくないでしょう?

 それがいや!というニーズはかねてからありました。

 その結果出てきたのが、格安sim、というものです。

 格安SIMとはなんぞや、と言われますと、まず、SIMカードというものがあります。

SIMカードは物理的には携帯の機械の内部に差し込まれている小さなカードです。これをSIMカードといい、いわば心臓部です。

 これは、各通信会社から借りている物であり、使用料金が発生する中枢です。

 そしてその中でも、auなどの大手の他の格安通信会社が発行している物を格安simといいます。

 スマホにこのSIMカードをさしこむことで、スマホは格安スマホになります。

 逆に言えば、A社の携帯に別のB社のSIMカードを差し込むことで、その携帯はB社の携帯になることも可能なのです。

 しかし、ここで一つ問題が。

 たしかに携帯にSIMカードが入っているのに動かない、といった現象がしばしばおこるのです。

 これが俗にいう、「simロック」規制です。

 手持ちのスマホをどちらで買われたのかがネックになります。

 au? ドコモ? ソフトバンク?

 どこもそろって規制をしていました。

 当時、スマホ購入=そこで長期契約というもの多かったです。

そして、この当時、買ってすぐ契約を変更されると大損なので、通信会社は自分のところで売る携帯に、ロックをかけました。

 auで売るスマホは、auのSIM以外を認識しないように。

 他の社も同じように。

 そうしたロックがかかった携帯と対比して、ロックがかかっていない携帯を人はこういうになりました。SIMロックフリー、と。

 総務省が「格安スマホをもっとふやすべき」という意向を明確に方針として打ち出しているので、この問題については順次解決されて行っています

が、今でもやはり、SIMロックのかかった携帯は流通しています。

MVNOのsimカードの系列

どこのキャリア回線を利用したMVNOか? AU系のMVNOは、mineo・UQ mobile

ドコモ系のMVNOは、楽天・OCN・b-mobile・BIGLOBE・DMM・NifMo・ぷらら・So-net・U-mobile・IIJmio・WirelessGate・BBexcite・ASAHIネット・など

テザリング

インターネット接続機能です

例えば2台スマホがあれば、1台でネット接続し、他のスマホへはテザリングで接続させることができます

したがって2代目のスマホはネット接続契約は不要で、1台目のスマホからテザリングで接続すればよいことになります

OCNモバイルONE/OCN光

月額972円(税込)からLTEが使えるOCN モバイル ONE

パケ代を節約したい方にオススメ!

ocn350240
OCNモバイルONE/OCN光

30代男性Aさん

使いやすいOCNの格安SIM

格安SIMはここ一年で一気に普及したものだと思います。

今までのキャリアが乗り換えをする人ばかりに優遇があって、長年使い続けてきた人にはあまり恩恵のないサービスばかりしてきたことから頭にきて格安SIMを使い始めたという人も少なくないでしょう。

数ある格安SIMのサービスの中で私はOCNをオススメします。

まず誰もがこうしたサービスを始めるに当たっては確実に接続できるスマホを入手するところから考え始めると思います。

せっかく契約しても接続が上手くいかないとなるとかなりの出費になるため苛立ちますよね。

OCNなら最初から確実に接続できるスマホとSIMカードをセットにした商品を売っています。

実際のところ殆どのシムフリーの端末ならばOCNで接続できます。

しかし慣れない人ならば接続に当たっての端末側の設定がうまく行かず、なかなか使用し始められないこともあり得ます。

その点、セットになっているスマホを利用すると最初からプリインストールで初期設定に必要なアプリケーションが入っています。

それを用いれば比較的知識のない方でも簡単に通信網に接続できます。

それからもう一つおすすめする理由として、サポートが充実していることが挙げられます。

例え話で言うとタブレットやノートPCを出先でも使用している人ならばデザリングが使えることが大きなメリットとなります。

外出先で確実にデザリングできる端末がどれなのか検索するとすぐに出てくるのも大手の格安SIM運用先であるOCNの大きな利点と言えるでしょう。

OCNの場合、シムフリーのiPhoneであればデザリング可能ですが、ドコモのシムロックのかかった端末の場合、普通に使用するぶんには問題はありませんが、デザリングができなかったりします。

こういう内容が検索してすぐにわかるというのは初めて使おうという人には重要なサポートとなるといえるのではないでしょうか。

利用料金も月間3ギガまでの使用で、音声回線付きで1500円程度と非常に安いですね。

050プラスというIP電話の利用権も無料で手に入るのでそれを用いれば、比較的音声利用の多い方でもトータルでの利用代金は低く抑えられると思います。

格安SIMはネット関連の知識がある人にしか使いこなせないと思われがちですが、OCNのこうしたサービスから、あまり知識のない方でもさほど困ることなく運用できると思います。

知識の少ない方こそこうしたサービス面で充実したところを利用することをおすすめしたいと思います。

mineoマイネオ

mineo
mineoマイネオ

IIJmioみおふぉん

mio
IIJmioみおふぉん

U-mobile

u-mobile
U-mobile

DMM mobile

ddm
DMM mobile

Y!mobile

ymobile
Y!mobile

DTI SIM

dti
DTI SIM

NifMo

nifmo
NifMo

BB.exciteモバイルLTE

bb-excite
BB.exciteモバイルLTE

ページの先頭へ